図8
 前立腺腫瘤。このように壊死が広範囲に渡っている場合には、壊死あるいは変性していない部分そして正常部位を共に採取しないと腫瘍がどの器官から発生したものは診断不能である。