図4−2a
 X線撮影によって下顎骨への腫瘍の浸潤と組織検査を行なう部位そして、外科切除した部分(輪郭)への腫瘍の浸潤を観察する。


図4−2b