図3−2
 図3ー1と同例のX線撮影像。病変は、遠位端に限局し、下腿骨にあるいは関節に浸潤していないことが解かる。