図2−3
 乳腺腫瘤の切断時壊死部分は避ける。また、局所リンパ節は上皮(毛胞側)を下にして切断する事で比較的容易に採材可能である。


図2−4